失念ぱーく

フォルダ・カメラロールに残っていた「これ何だったっけ」な画像から思い出を掘り返すブログ。

首が痛いよ

ああ、首が痛い。

また放置しちまったので

ぼちぼち更新せんと。

 

でも何書こうか

全く思い浮かばないので

とりあえず画像を貼っておこうか。

愛犬ポテさんの

トリミング前。

ちなみに、夫に抱っこされております。

 

 

そして、トリミング後。

すっきりサッパリになりました。

 

バリカンで3ミリ仕上げ(だったと思う)。

私個人的に、これがいちばん好き。

しかし、世間的にはただの

丸刈り」状態に見えるらしく、

「病気でもしたの?」

「保護されたばかり?」

みたいなことを

初めてポテを見た人に訊かれるんですが(笑)

 

こういうトリミング犬って、

どこかちょびっと残したり

一部分伸ばしたりとかして

そういうのが

「おしゃれを楽しむ犬」

として、スタンダードなんですかね。

 

いや、一応ね、お耳はまぁるく大きな

似非ミッキーマウス風にしてもらってるんですが。

私がこだわってんのは、そこだけ。

この子を飼い始めた頃からずーーっと

このカットなんです。

飽きません。

それについても一部の

トリミング犬愛好家さんから

不思議がられたんですが

ずっと同じだったら悪いのか?

 

私の中ではもう、ポテのカタチは

これだって定着しているんで

もう変化を楽しもうとか、そういうの

全然あらへんのですよ。

 

実は私、面倒くさがりだから

いちいちブラッシングしたりとか

いやなんで、細く絡まりやすい

ヨーキーの毛を伸ばすなんて

絶対に嫌なんです。

 

それに、短くすると

全身の肉感がよく分かる。

それが好きなんです。

 

犬の体の肉感って

猫とは全然違う、硬さのある

ムッチリした感じ。

やはりそれを強調したいのだ。

 

えっへっへ~、あたしゃ

デブじゃあないよ~~~。

 

いえ、デブです。

うちの犬は、デブです。

それについては、改善せねば・・・