失念ぱーく

フォルダに残された「これ何だったっけ」画像から曖昧になった記憶を辿るのと、腹に溜まった黒いのをチマチマ吐き出すブログ。

真岡のプレーリードッグ


スポンサードリンク

9月11日に我が愛プレの

檸檬さんが、がん闘病の末に

永眠いたしました。

4か月を超える闘病生活でしたが

最期は殆ど苦しまずに

眠りながら逝くことができました。

安らかな死に顔を見て

悲しみよりも、ほっとした気持ちが

当初は大きかったですが

日が経つにつれ、檸檬がいない

家の中が寂しくなってきます。

 

もう二週間過ぎて、また

日々が過ぎていくうちに

寂しさも徐々に和らいだ様で

でもまた不意に寂しさが戻っての

繰り返し。

 

私は昔から、

プレーリードッグが大好きで

檸檬は4代目のプレさんでした。

そして飼っていた子の他にも

動物園へ行って、そこの

プレーリードッグを観るのが

好きでした。

 

そこで、檸檬を偲んで?

過去に撮ったプレーリードッグ

画像を、フォルダから掘り返してみる。

 

ペスト媒介の疑いをかけられ

輸入禁止となってからというもの

プレーリードッグが観られる

動物園も減ってしまっていた。

その貴重な施設の中でも

ななななななななんと、

敷地内に放し飼いされた

プレーリードッグと、運が良ければ

触れ合えるぞという

プレ好きには極楽であろう

観光スポットがあると知って

私は大喜びで、夫に頼み込んで

栃木県の真岡まで連れて行ってもらったのだ。

 

そこは、当時

「真岡観光リス村」

という施設名だった。

(現在は「真岡りす村ふれあいの里」。)

 

プレの他にも、タイワンリス

うさぎ、アヒル、鯉、などなど

いろんな小動物がいらっしゃいましたー。

 

しかし私はやっぱりプレーリードッグ

真っ先にプレのいる広場へ行って、

早速、巣穴から外を覗いている

毛並みフコフコのプレさん発見。

周囲を見回す。

用心深いのは、よいことだ。

こういう動物とのふれあい系施設って

必ずといっていい程、生き物を雑に扱う

観光客がいるんですよね。

これが子供だけならまだしも

親子セットで乱暴だから世も末。

やさしく接することができないなら

縫いぐるみと遊んどけって思うんだけどな。

 

で、逆切れされるの分かってるけど

注意だけはする。

で、大体がウザいとかキモイとか

頭の悪そうな捨て台詞を吐いて行く。

いい歳した大人が、我が子の前で

赤の他人に暴言吐いて行く。

 

正直、心が折れるけど

小さな生き物がいじめられてるのを

黙って見過ごすよりは心が楽だ。

 

せっかく巣穴からお顔を出されたのに、

あやしい者がカメラ向けてて、すんまへん。

 

 

閉園30分前くらいの時間帯だったかな。

上空にはカラスが飛んでいたので

空の上を気にしていた。

 

さて、私がリス村へ行ったのは

何時頃だったかなと

記事を書きながら、

次に貼り付ける画像を選ぼうと

画像フォルダを見ていたら。

 

休憩所にゴロンと無造作に転がる

大きなかぼちゃ。

 

そうだ、ここに来たのは10月だったな。

そして先代プレーリードッグ

ゴルゴメロンさんが天国へ行って

間もない頃で、相方プレの

烏龍さまは発情期で凶暴化、触れずで

(プレのオスは発情期に凶暴化します)

なんとも寂しかったんだっけ。

ああ、色々思い出してきた。

あの頃はプレしか飼っていなかったし

烏龍さまは怒ってばかりだし。

 

今、檸檬がいない寂しさは

残っているチビもふたちで癒される。

ペットを亡くした悲しみを

最も癒してくれるのは、やっぱりペット。

 

しかし、しかしだ。

「癒されたい」からという理由で

ペットを飼おうとすると、

絶対に癒されないぞと言いたい。

ペットに限らず、見返りの

為だけに行動したら、結果

不満ばかり大きくなるもんね。

 

檸檬は生前、我が家のソファや

タンスの角を齧ってボロボロにした。

今はそれらのオンボロ家具が残った。

家具をボロボロにされるのは嫌だったけど

何故か心の中で、楽しい思い出になった。