失念ぱーく

フォルダ・カメラロールに残っていた「これ何だったっけ」な画像から思い出を掘り返すブログ。

で、近所の中華料理店

f:id:pokopenblue:20170822064507j:image

私と夫、夫婦で気に入ってる

近所の中華料理店。

 

店の外観は地味で

特に夜はキャバクラや

風俗店のポン引き達が店の前に

たむろしており、とにかく

入りづらいんだけど

料理が値段の割に美味しいのだ。

中華街の下手な高級店より

美味しいと、私と夫は

そう思ってるのです。

 

f:id:pokopenblue:20170822120846j:image

 

で、この画像は何やねん?ですが

この日たまたまお店が満席で

注文したふかひれラーメンが

なかなか来ず、その間の

暇つぶしでございます。

 

f:id:pokopenblue:20170822122647j:image

 

そうよ味はいいのよ。

特に、中国人の大将が作る

黒チャーハンは

中華街有名店のやつより好きです。

 

夫は酸辣湯麺がお気に入りで

何度も食べてます。

 

そんなに好きならそれでええやん、

なのですが、味以外に問題点が。

 

それはね、先程書いた

ポン引き達のことよりも

店内に飛び回る小さな虫。

店に入り席に着いてから

料理を食べ終わるまで、終始

飛び回る、得体の知れない

小さな虫。

 

中国人の大将と、その家族達で

経営しているだろうお店なので

衛生概念も中国基準なのかも知れん。

いや、だとしたら清潔な部類なのか。

とにかくずっと虫が飛び回っておるのだ。

 

だから客は皆、その虫達を

手で払い除けながら食べている。

私達もだが、誰も文句を言わず

ひたすら黙々と

飛び交う虫を払いながら食べる。

 

虫が飛んでいない中華料理店なら、

この店のすぐ近くに何軒もある。

だから嫌なら他店に行けばよい。

私達が好き好んで、この店を選んで

来店しているのだから。

大将にうちで食えと強制された

訳じゃなく、私達が自分の意思で

虫が飛ぶのを我慢してでも

食べたい料理がそこにあるから

凝りもせず来店している。

何度も何度も。

そういうことだ。

 

そして、その美味しい料理の

画像がないのは、

注文した料理を待ち続け、

ようやくテーブルに出された頃には

もうお腹が空き過ぎていて

耐え切れず、撮影するのを

完全に忘れて一心不乱に食べたから。

もう写真なんて、SNSにアップなんて

どうでもよかった。

とにかく食べたかったんで。

 

ちなみにこの店、小蝿は多いけど

最近大量発生している

インスタ蝿は全くいません。