失念ぱーく

フォルダに残された「これ何だったっけ」画像から曖昧になった記憶を辿るのと、腹に溜まった黒いのをチマチマ吐き出すブログ。

去年作った変な動画(見る価値は無い)と、それを作ったアプリ


IMG_1647.m4v

 

時期が遅い。中途半端に遅い。

 

去年の節分にアプリ使って作ったインスタ用の動画です。当時はこういうの作るのにハマっておりました。不器用ながら頑張って作ったその労力のわりに「いいね」が少なかった(笑)

 

これをPCから初めて見たけど、画質の粗さよ。レトロ風味の加工を施したとしても、平成最後の時代にこの画質。そりゃいいね少ないわ。作った当初はスマホの小さい画面でしか確認していなかったので分かりませんでしたわ。

 

誰の為にもならんけど、当時使っていたアプリを作成工程順に紹介しましょうかね。

 

フォトアレンジメント 無料版

フォトアレンジメント 無料版

  • sa0001.industry
  • 写真/ビデオ
  • 無料

 まずは「フォトアレ」で合成写真を複数枚。画像の切り抜き機能だけで言えば、もっと使いやすいアプリがあるけど、こちらは切り取った背景の切り残しが分かりやすいので。当時はよく使っていました。しかし画像の貼り付け、移動などが少しやりづらいというか、もっと簡単に移動・サイズ変更が出来るアプリに乗り換えちゃった。でも結構長期間お世話になったアプリだったので、使用感を思い出しているうちにまた使いたくなってきました(笑)ああ、こういうのって「やっぱお前じゃなきゃダメなんだよ!!」ってやつか(笑)

 

ImgPlay - GIF Maker(ジフメーカー)

ImgPlay - GIF Maker(ジフメーカー)

  • ImgBase, Inc.
  • 写真/ビデオ
  • 無料

 

フォトアレで作った合成画像を、このGIFメーカーで繋げてアニメーションにします。速度の設定も簡単、フィルターもGIFアニメの質感に合う雰囲気のが揃っていて、それが気に入ったし画面下にロゴが入るのもイヤだったので有料版にアップグレード。こちらもかなり気に入ってたんだけど、iOSのアップデートでスマホの画像データをiCloud保存にしてから画像を読み込めなくなった。残念じゃ。

 

 

レトロシアター - 8mmビデオ風動画編集アプリ

レトロシアター - 8mmビデオ風動画編集アプリ

  • TAIKI HIRATA
  • 写真/ビデオ
  • 無料

 出来上がったアニメーションをGIFではなくビデオとして保存したら、このアプリでレトロフィルム調のノイズ加工を入れて出来上がり。ダウンロードは無料で、課金なしでも使用できますが有料アップグレードしたほうがノイズの種類を選べてフィルターもかけられます。操作も簡単で今もお気に入り。しかしたまに落ちる。いや、わりと落ちる。

 

どうにも画像をiCloud保存にしてから使えなくなったアプリが多いので、先程スマホの設定を変えて端末内保存に変更した。これから撮り溜めた画像や動画はこまめにGooglephotoかPCに移してスマホの容量を確保せねばならなくなったけど、まぁいいか。

 

でも私、すっかりGooglephotoさんに頼り切ってるけど、もし急に廃止とか、今は無償だけど有償化するとか(しかもいきなり月額2400円とか)になったら、どないすんのん。あのグーグルさんやで。いきなり廃止とか本当にやり兼ねんでしょ。本気で不安だから、ぼちぼち外付のHDDで4TBくらいのを買っておかんとアカンでオカン。

 

 

 

 

 

 

 

そういや今使っているPCを購入して間もない頃は、Microsoftさんの「OneDrive」も容量無制限で無料でしたよな。それがある日突然、手のひら返して5GB以上は有料(だったかしら?)に変更しよったからな。それがあるから無料サービスは信用しきったらアカンのです。まぁね、それまではさんざんタダで使わしてもろうてたんですから、文句言うたらあきませんよね。タダほど高くつくもんはない、からね。

 

 

 

 

 

眼鏡が曇らないようにマスクしたいんです

f:id:pokopenblue:20190211024159j:plain

マスクですが

どうも。加齢とともにコンタクトから眼鏡ユーザーに移行しつつある人です。

 ちょうど副鼻腔炎の治療中だし、インフル大流行中の今はとりあえずマスク付けよう。マスクに感染予防効果は期待できないとしても、こちら側が他者に菌をばら撒くまいというエチケットでもあるし、何と言っても人前で咳き込んで唾を飛ばすような失態を防ぐのだ。自分がされてイヤなことは、先ずやらない。だって大人だもの、社会人だもの。

ですが眼鏡かけてマスクを装着すると、レンズが曇っちゃいますよ。あれが嫌ですよ。どうしようもなくなったらマスクをずらして鼻を出しますけど、その姿ってちょっと滑稽というか。通りすがりの暇な人が「あの人鼻出してマスクしてるわ、付け方知らないのかしらバカかしら」みたいに心の内で見下してるんでしょうね暇なくせに。あ、これは私の知っている「暇な人」が実際に話していた事です。私は彼女を脳内クソリストに入れて度々観察しているので、これから度々ブログに登場します。私も暇なので。

 

そんなこんなで眼鏡レンズの曇り対策を色々とやってみました。マスクの鼻の部分を折り返したり、鼻当てが立体になっている曇り止め仕様のマスクを買ったり。でも結局、いちばん手っ取り早い「曇り止め」を眼鏡に仕込むことに落ち着きました。

 

冬の視界を守るため、眼鏡の曇り止めを使用しています。

 

現在、使用中なのがこちらのジェルタイプ。

 

メガネのくもり止め 濃密ジェル 耐久タイプ

メガネのくもり止め 濃密ジェル 耐久タイプ

 

 これやな。お車用品のソフト99さんとこが発売してるんですな。耐久タイプ、とあるので一回塗布したらしばらく効果を発揮してくれる、確かにその通り。でも眼鏡なんてふとした時に指でレンズ触ってしまったり、顔の近くで猫のくしゃみモロに受けたり、犬にレンズごと顔面をベロベロされることもしばしば。ペットを飼ってる人なら、愛情を持って日々接しているのなら勿論分かりますよね。だから結局ほぼ毎日、眼鏡をゴシゴシ拭いては、また塗り直すのです。

 

犬のポテがこいつを塗った眼鏡にベロンチョした時は焦りましたよ。だって、たとえ微量だとしても身体に良くない成分入ってるでしょ。もうあんなにヒヤヒヤしたくないから、ポテが顔に接近しそうな時は咄嗟に眼鏡をはずします。ちなみにポテは体調を崩すことなく、元気です。

 

f:id:pokopenblue:20190211040036j:plain

元気なポテさん

で、この曇り止めね。米粒半分ほどの量をレンズ片面に塗って馴染ませたら、出先で自転車に乗って飛ばして息切れしても、寒い屋外から暖房の効いた店舗に入っても、たしかに「曇らない」。そう、曇り止めだから、曇らない。しかし、水蒸気が結露になってレンズに張り付くんです。そうだ、ちょうど雨に打たれた車のフロントガラスみたいな感じ。こいつをどうにかしたいなら、眼鏡にワイパーを取り付けるしかないでしょう。

 

どうしてそうなるのか。どうしてこんな水蒸気が眼鏡のほうに上がってくるのか。

 

マスクの通気性がイマイチだから、呼吸した空気が上に上がっちゃうの?

だからマスクしている間ずっと、窓ガラスに暖かい呼気を「はぁ~」って吹きかけているような状態なんでせうね。今時のマスクって、花粉や黄砂どころかウィルスすら通さないのを売りにしている商品が多いですからね。しかしウィルス通さないっての科学的に可能なのでしょうかね。俗学的にはまぁアリなら謳ってもいいのか。なんだかあまり信じられないんだけども。はい、信じてません。

 

f:id:pokopenblue:20190211042411j:plain

通気性を重視したマスクを買いました

眼鏡の曇り止めだけでは防ぎ切れない、呼気による蒸気が上がってこないマスクを探し求めていました。今までずっと、鼻当て部分にばかり性能を求めていましたが、視点を変えて、呼吸そのものを蒸らさない通気性重視したマスクを選んでみましたよ。

 

f:id:pokopenblue:20190211043900j:plain

薄いね、これだと確かに通気性よさげ

今回購入したマスクは、今まで使ってきた物よりずっと薄く、透けています。呼吸もかなり楽ですよ。マスクの息苦しさが苦手だという人にもおススメしたいです。

 

実際に、曇り止めを塗った眼鏡とこれで外出していますが、今のところは眼鏡に水滴が溜まることはありません。現時点では一番良いです。このマスクが気になった人は、一度お試しになってはいかがでしょう。通気性が良くなった分、花粉対策にはあまり効果がなさそうだけど。

 ウィルス飛沫カットというのは、自分の口からの飛沫をカットするという解釈なのでしょうかね。

 

ところで眼鏡の曇り止めですが、今使っている物よりも、眼鏡屋さんで購入したスプレータイプのほうが曇りを抑える効果が高くて水滴も付きにくいですよ。

 

楽天で検索かけたらあったわよ。私が持っているのとデザインが違うみたいですが、だいたい同じような物かと。今は改善されていたらいいんですが、一回の噴射で液体が出過ぎるのと、乾かす為に少し間を開ける必要があるという問題点がありました。

 

別に今使っているやつでもいいんですけどね。ただ、現実には無理なんだろうけども、これらの商品ってアルコール使用してますもんね。ペットがいるので、アルコール不使用の曇り止めが開発されたらいいのになぁと思っています。実現不可能だろうなと思いつつ。

 

コッペさんの頭にその曇り止めチューブを乗せていますが、あくまでも撮影用にほんの一瞬だけ乗っけました。撮り終わったら即座に片付けましたのでご心配なきよう。

 

 

暦では春が立っている。こちこちと歩み寄っている

ぬーん。

先週金曜は愛犬のトリミングでございました。心配していた雪も降らなかったし、おかげでチャリに乗ってお店まで行けたよ。寒い一日ではあったけど、愛犬ポテルカさんの毛もスッキリ、新しいおべべも買いました。ヨーキーの毛は保温性がないシングルコートだから、冬のお散歩時にはあったかい素材の服を着せています。うちのポテは寒がりで冬服必須だけど、中には何も着ていないヨーキーも度々見かける。どうしても着たくないらしいから仕方なく裸族でという子と、寒さに慣れちゃったというタフな子の2パターンある様ですな。

 

上の画像では、うさ耳のフードを被せてるけどこれはあくまでも撮影用。ポテさん、耳を覆われるのは好きじゃないのです。飼い主ゴコロとしては、この時期いつも耳が冷たくなっているので血流が悪くなりそうで心配だから、冷え防止に被り物させたいんだけどな。もしかしたら私が過保護なのかなぁ。

 

ところでまた急性副鼻腔炎なんですけど。

 

2月になって、4日の立春も過ぎて暦の上ではもう春なんですと。たしかに月曜日はとても暖かく、昼間は春の陽気でございました。しかし、一夜明ければまた寒し。

ところで私、ここ数年ずっと風邪ひいた後は必ず急性副鼻腔炎になってます。いろいろ予防策をたててもだめ。今回も、耳鼻科で抗生剤と痛み止め(左側の頬と奥歯が痛いのだ)を処方され、とりあえず一週間お薬飲んで経過を見る事になりましたさ。

それなのに、昨日から急に右の下の歯が痛くなってきた。少し前に治療したばかりのやつ。ああなんか嫌だな、と思っていたらなんと歯の詰め物が取れちゃった。慌てて戻したら一応カチッと元の位置に収まってくれたけど、僅かに浮いていてそこから空気なり水分なりが入り込んで、神経に触るのかその度にズキーーーーーンと痛みが走るのです。だから副鼻腔炎用にと出された鎮痛剤を、歯痛を緩和させる為に服用せざるを得ない。

 

今回の副鼻腔炎で服用中の抗生剤(シタフロキサシン)は、痛みを和らげる効果の高いロキソニンなどと併用するのはあまりよろしくないとされているので、カロナールを処方されてるんだけどカロナールだとズキズキ痛む歯にはあまり効き目がないような、というか効いてくるまで時間がかかる。そして効き目が切れるまでが早かった。


じゃあ、歯医者に駆け込む??

そりゃあもう、今すぐかかりつけの歯科医院へ飛び込みたい気分なんだけど、副鼻腔炎のせいで鼻呼吸ができないんだが。

 

ひたすら痛みに耐える、そんな春の訪れ。

 

春の足音がこちこち、奥歯はズキズキ。

 

 

 

思い出画像・北海道の何かそして二月になった

前回のおもひで画像、のつづき。画像ならまだぎょうさんあります。が、書きたい話はもうない。だから1月と2月の間だったこの日のことでも書くわよ。

 

昨日は1月31日。1をアルファベットの「i」と見立てて31を「サイ」と呼ぶ、そしたら「アイサイ」すなわち「愛妻」っちゅうことで、この日は「愛妻の日」なんだとさ。

その他「五つ子誕生の日」「生命保険の日」などなど。そうか愛妻の為、夫が我が身に生命保険かけるよって日なのか。なんてことはどうでもええとして、何気なくTVで朝の情報番組を流しっぱなしにしてたら「三寒四温」っていう単語が耳に入ってきた。なんか耳ざわりの良い語呂の良い響きだっていうのもある。言葉の意味は寒さがピークになる今頃の、大陸性気候の特徴なんだと。寒さ厳しい日が三日続いた後、四日間ほど寒さが緩む。それを繰り返し一進一退しながら春になって行くんですってよ。冬の歳時記に季語として載ってたのを参考にしてます。ああもう寒いのイヤ。はよ春。

 

美瑛の広大な景色。撮ってなかったか、消しちゃったかと思っていたけど残っていた。北海道は広いねぇ。

 

ところで天気予報は関東平野部も雪が積もるかもだなんて報じております。我が街神奈川県相模原も「平野部」です。関係ないけど「ヘイヤブ」ってケバブみたいだな。なんてこと考えてたら今むしょうにケバブ食べたくなった。

 

 

昨日、愛犬のトリミングの予約をとったんです。いつもは最短で週明けとかなのに、今回はまさかの翌日OK、今日です。おおラッキー!と喜んでいたけど、よく考えたら今日は雪積もるかも知れなかったんやね。そのトリミングサロン、最寄り駅もないし徒歩だと結構遠いんで、いつも自転車で通ってたんだけど、雨や雪だったらチャリ乗れないやん。えらいこっちゃ。どうか今日は雨も雪も降りませんように。

 

今、窓の外から風がうなる音がする。雨はいつの間にか上がっていたようだ。ちょっと最新の気象情報を見てみた。するとどうだろ、雪は降らないような流れに変わっておる…とほんのり喜んでたら、また速報が更新され「首都圏でも積雪か」だと。やっぱ降るんかい。

北海道は一面まっしろけなんだろうな。この画像の場所なんて見事に白銀の世界だろうな。ああやっぱり私は雪国には住めない。

 

とにかく今日から2月だ。もうすぐ節分。また恵方巻の話題でアンチ関西が湧くやん。大量に仕入れて大量に廃棄されるんが問題やっちゃうのに、勝手にどこからか上品ババアが湧いてきて関西の文化は下品で嫌いみたいな話に逸れるのよ。お前の好き嫌いなんかどうでもええねん。ちなみに私は関西出身ですが、恵方巻を食べる時は普通に食べやすい大きさに切って、普通に家族と会話しながら食べてましたよ。あんな巻き寿司一本丸ごと齧りながら無言だなんてやってませんでしたが。だいたい大阪人が恵方巻食べてる間ずっと無言なんて無理かと(笑)

 

 

 

 

思い出の画像たち・北海道・たぶん美瑛

はてなブログには、読み応えある、読んで為になるような記事を書く知識と話題が豊富で文才あるブロガーさんが沢山いらっしゃいますが、私の方は残念ながらウンコの部類です。ネット上に漂う、暇と鬱憤と微かな自己顕示欲が混ざった吐しゃ物です。でも書いてる本人はとっても楽しい。そして今回もリアルタイムな話題がないので過去に撮った画像をフォルダから引っ張り出して記憶をほじくり出して遊びます。

 

もう10年は前になるかね、北海道旅行へ行った時に撮ったやつだね。藁で作っただるまやね。可愛いから撮ったんだわね。どこだったかね、たぶん美瑛だったかな。


初めての北海道旅行。11月初旬だったからというのもあるけど、当時の私は北国をナメていた。防寒アイテムで必須なはずの手袋を持ってこなかった。ニット帽にマフラーはちゃんと用意して来たのに。


この失敗のおかげで、折角の絶景を思うように撮影出来なかった。土産売り場にも手袋は置いていなかった。「熊出没注意」の黄色い軍手しかなかったから、仕方なくそれを買って装着した。何もつけないよりはマシだった。


普段暮らしている神奈川では体験できないであろう、キンキンに冴えた冷気に包まれ、体内でガリガリ君が何本作れたかって位に、胸の奥から冷たさを感じていた。


そんな中、この大きな藁のだるまが妙に可愛く見えたので、指先をヒリヒリさせながらデジカメのシャッターを切っていた。10年経った今、改めて見たらそれ程でもない。嗚呼、もっと白樺並木とか山とか花畑とか撮ればよかったかなぁ。ところでこの藁だるま、今もあるのかな。それ程でもないなんて書いた直後だからか、また段々可愛く見えてきた。

 

藁だるまの背景に、広大な大自然が広がっておます。奥の方にお山が見えます。北海道はとても広いです。しかし、どう考えてもこの地域が長年「住みたい都道府県ランキング」上位なのが信じられんのです。だって寒過ぎるし、寒過ぎるし、寒過ぎるから。


でも観光地なら素晴らしいと思う。私の中ではダントツに一位である。寒過ぎるけど景色は綺麗だし、食べ物は美味しい。広ーい中に沢山の観光スポットがある。だからたったの二泊三日旅行だけでは語れない。やっぱり北海道は良いところ。寒過ぎてもいつかまた行ってみたい。


現地で食べたジンギスカン鍋と、毛ガニがとんでもなく美味しかった。でも

「私、毛ガニだったら毎日食べれる」

とか言ってる人がいた。嫌いだそんな奴。



豊島屋の「小鳩豆楽」食べたい

 

久々にこのブログ本来の主旨なる記事。

 

2016年のお正月だっけ、鎌倉に初詣行ったついでに「鳩サブレ」で有名な豊島屋さんでお土産買おうかってことで。その時、いつも鳩サブレだから今回はちょっと違うの買う事にしてさ。でもせっかくの豊島屋さんなんだからやっぱり鳩じゃないと…ってな訳で、別の鳩にしたのよ。ちっちゃな落雁の鳩ぽっぽ、豆粉でできた「小鳩豆楽」。

 

 

素朴で心和むカタチ。お味も甘味の中にお豆の味わい。長時間PCの前にいて、頭が疲れた時に一粒食べるとシャキッとするわ。落雁の甘さは即効性を感じます。たぶん私の気のせいかもだけどさ。

 

この小鳩豆楽と鳩サブレは、鎌倉まで行かんでも近場のデパートで買えるし、この二つは豊島屋さんの通販でも購入可能。

 

www.hato.co.jp

 

今ちょうど頭の中がだるくなってる。だから落雁を食べたい。ブドウ糖入りのラムネとかチョコレートとかならあるけど、今は落雁のシンプルな甘さが欲しいのだ。今ここにないから余計に食べたい。人間って奴はホンマにどうしようもない。

 

 

久し振りにスマホから書く

そういえば。

最近スマホアプリで記事書いてなかったなと思ったので、久々にアプリ開いたんだけど、はてなブログのアプリってこんなシンプルだったのね。PCブラウザ版と違ってあまり凝ったこと出来ないけど、これはこれで心地よさを感じます。

 

f:id:pokopenblue:20190114032333j:image

さて、アプリ開いたものの、これといって大した話題がない…っていつもそうか(笑)。でも今回は更に輪をかけて話題がない。だからペットの画像に頼る。上の画像は先住猫のお琴さん。そして

 

f:id:pokopenblue:20190114032330j:image

2016年秋から新しい加わった、保護猫シェルター出身のコッペさん。我が家には今、この2匹の猫と犬(ヨーキー)がいる。皆特に仲良しではないが、猫同士というか、お琴さんが今も相変わらずコッペさんを嫌っている。コッペさんがうちに来て間もないトライアル期間中、お琴はそれほど拒絶していない様子だった。だから当時の私は「これは仲良くなる日も近いはず」だと思い込んだ。なのにあれから3年経ったのに、お琴はコッペさんが半径1メートル以内に近付くのを許さない。そして3年もの間ずっと怒られっぱなしなのに、コッペさんはお琴が好きで、お琴の気配を感じると喜んで接近を試みる。で、また怒られるの無限ループだ。でもいつか終わるような気がするのだ。何故だろう。

 

f:id:pokopenblue:20190114034402j:image

愛犬ポテルカの散歩は日課である。そのついでに最近どハマり中のミラーレス一眼持って、歩きながらMFで散歩中のポテを撮る練習に励んでおります。昨年末にヤフオクでオールドレンズを2つゲット。ロシアレンズのindustar61とhelios44を落札できました。これらはAmazonでも購入できるけど、ロシアやウクライナのショップが取り扱っているので配送までの日数と、店側の対応がその時によって色々違うみたいで、購入者レビューは高評価多めだけど、その中にチラホラ「どう見ても新品とは…」といった意見が見られるので、年末ということもあったし早く欲しかったので、どちらもリスクはあるにしろまだ「近場」だからということでヤフオクにしましたさ。で、入手できたレンズはどちらも使用感や僅かなチリ混入、拭き傷あるけど撮影には全く問題ありません。

 

f:id:pokopenblue:20190114041428j:image


f:id:pokopenblue:20190114041431j:image

クリスマス、マンションのエントランスにて撮影。とにかくクリスマスツリーをindustar61で撮りたかったのでした。

 

f:id:pokopenblue:20190114041831j:image


f:id:pokopenblue:20190114041835j:image

そしてまだ使いこなせてないのがheliosさん。あのぐるぐるボケが活かせる場面に、なかなか出くわさないのだ。

まだまだカメラ初心者です、オールドレンズで遊ぶのもいいけど、もっともっと自由自在に、自分が撮りたいって物を撮れるよう、勉強せんといけません。

 

趣味に没頭した後は、小腹が空きます。

 

f:id:pokopenblue:20190114042501j:image

夫が職場から、あの有名な銘菓「萩の月」のそっくりさんを貰ってきた。栃木県那須の「御用邸の月」だと。見た目も食べた感じもあの萩ちゃんを少し庶民的にしたような。お値段もこちらの方が庶民的。おやつとして食べるなら全然こっちでいいわよ。

 

あ、アプリには書いた文字数が表示されるのね。結構いっぱい書いた気分になってたけど、まだたったの1276文字。