失念ぱーく

フォルダに残された「これ何だったっけ」画像から曖昧になった記憶を辿るのと、腹に溜まった黒いのをチマチマ吐き出すブログ。

腱鞘炎とは長いともだち

 

 

私は今、腱鞘炎。

アイハブ腱鞘炎。

だいたい左手で、手首だったり

指だったり

とにかくつらいよ。

 

今年夏ごろからミラーレス一眼買って、カメラにハマって一日中パシャパシャしまくってたら、見事に腱鞘炎です。ズームやピント調節に使う左手の指と手首内側を、ピキピキッとやっちゃいました。

 

たぶん、まずはじめに「腱鞘炎とは」から書き始めなきゃいけないんでしょうな。ですが私今ちょうど絶賛腱鞘炎中なので、それについてはもう他リンクから引っ張っておきます。私が書くよりずっと分かりやすいし。ああ、いつか簡潔で明確な文章を書きたい。

 

medicalnote.jp

 

・・・ということなんです。

私のファースト腱鞘炎は、10代の頃。ギターの練習とガラス工場の梱包バイトで左手首を痛めました。その当時の治療法は温湿布を貼って患部を休ませるのみ。もちろんギターの練習はおあずけ、バイトは梱包から手を動かさない検品作業に変えてもらっていました。その検品作業ってのが、とにかく眠い。ベルトコンベヤーに乗って流れてくるガラスのコップたちをただひたすら目視で不良品を見つけ出し、破棄するだけの作業。椅子に座るので足は楽だけども、蛍光灯に照らされた白い板の前を、途切れる事なく通り過ぎていく同じ形状の物体。そいつをただ延々と凝視し続けるだけ。コンベヤーから発せられる規則的な操作音だけが聞こえる空間。こんなんで眠くならないはずがなかろ。特に製造機が絶好調で不良品がほぼ流れてこない日なんて、ほぼ睡魔との闘いである。早く腱鞘炎を治して梱包作業に戻りたかった。眠気防止に飴ちゃんばっかり食べて太ったし。

 

腱鞘炎の思い出について書こうとすれば、ついついこの工場バイトの話を書かずにいられなくなる。そしてまた手首が痛い。こんな性分が嫌になるけどこんな自分は嫌いではない。

 

腱鞘炎 - Wikipedia

何となくだけどWikiのも貼っておこう。

 

とりあえず先輩にきいてみる。

ずっと同じ動作で手を酷使する工場バイトだから、私よりずっと長く勤めている先輩さんたちに、腱鞘炎になる人は多いのか訊いてみたら、真面目に作業している人はほぼ全員、腱鞘炎の経験があるとのこと。対処法はありますかと訊ねたら

 

「バイト休もう、休ませてもらえなかったら湿布して痛み止め飲んで耐える」

 

と、経験者じゃなくても考え付くだろう回答でございました。

 

すると、少し離れた所にいた社員のオッチャンが会話に入ってきて私に教えてくれた。

 

「湿布には、患部を冷やす冷湿布と温める温湿布があんねん。急性の痛みには冷湿布。慢性なら温湿布。腱鞘炎は急に激痛になるけど慢性やから温湿布やで~」ですってよ。

 

早速その日のバイト帰りに、薬局で温湿布を買って患部に貼ったんだけども、入浴の時、温湿布を貼っていた箇所にお湯がかかると異様に熱い。痛みを伴う熱さでヒリヒリし始めた。もちろん浴槽に浸かったらそこだけ熱湯のように感じて思わず叫んでしもうた。あっつ!!

 

温湿布を貼った部分は熱さが倍増する、というのを覚えました。そして社員のオッチャンのアドバイスのおかげで私のファースト腱鞘炎は比較的早く治ってくれた。まぁ若かったし今よりずっと治癒力も高かったよな。しかしこれをきっかけに私の左手は、事ある毎に腱鞘炎を発症するようになったのです。

 

あの頃教えてもらった温湿布。たしかに効き目はあるんだけど、主婦業になった現在は毎日の水仕事は欠かせず。洗い物とかするのに、手首に温湿布は難しい。それにどうやら皮膚に対して刺激が強いみたいで、貼った部分が赤くなってヒリヒリしだすので、今はもう温湿布は貼らなくなった。

 

今はもう、痛くなったらとっとと整形外科へ行く。

加齢とともに回復力がなくなってきたし、なんだかんだでやっぱり病院へ行くのがいちばんですわ。ずっと左手首ばかり痛めてきたが、ある時初めて右手を痛めちゃった。もう無意味な我慢はしないぞ。と、すぐにでも痛みを和らげてもらいたかったので麻酔科のある整形外科を探し、そこを受診したのね。

 

どうやら地元でとても人気のある病院らしく、平日午後なのに大変混んでいて診察に呼ばれるまで2時間近く待ったけど、結論、麻酔科のある医院へ行ってよかった。痛むところに麻酔注射を打ってもらって痛みを和らげてもらえるから。過去に受診した整形外科ではレントゲン検査の後、湿布して包帯で固定し、後は処方箋として痛み止めと湿布一週間分出してもらうだけだった。しかし麻酔しないという方針が悪い訳ではない。

 

そもそもなぜ「痛み」という感覚が存在するのか。

血の通った生き物にとって痛みは必要なものだと、子供の頃に読んだ人体図鑑に書いてありました。痛みは身体の危険を警告する信号のようなもので、生きるためにとても大切な感覚なんだって。視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚、痛覚。これら六つの感覚の中で痛覚だけが何の喜びもないよな…いや、Mの人は別か。

 

そんな訳で、腱鞘炎が痛むのは「これ以上曲げたら関節壊れちゃうわよ」って身体が出すサインで、痛いのイヤな我々は従う他なく、患部を極力動かさないよう注意する。これにより回復を早める。どうしても動いちゃうって言うんならガチガチにテーピングでもして固定すればよし。そもそも腱鞘炎の痛みぐらいでいい大人がピーピー言うな我慢しやがれ、って方針は、たぶんこちらのほうが正しいのかも知れない。

ああ、たしかに腱鞘炎くらいで死なないし、大きな後遺症が残ったりもしない。

 

だけど痛いのイヤなの。

 

「命に別状ない、緊急性がない」といった理由で、我慢を強いられるのも辛いもんだよ。それにひたすら耐えている時間が途轍もなく無駄な努力に感じてしまう。だって痛い痛い言いながら晩御飯作っても、出来上がる物は普段と同じかそれ以下だもの。それを夫が普通に食べておしまいなんだもの。痛みに耐えたのを何かしらの形で表彰されたりとかあるんだったら、我慢のし甲斐もあるんだろうけど。我慢したって誰も得しないから多少回復が遅くなったって、私は麻酔打ってもらいます。

 

f:id:pokopenblue:20181010043048j:plain

麻酔処置の後は処方箋の湿布を貼って処置、の流れ。しかし我が家は犬と猫がいるのでなるべくニオイと成分の強い湿布は使いたくないから、ひたすらテーピングと「湯たんぽであっためる」。そして時々市販の塗り薬。

 

腱鞘炎になりました。テーピングで保定してひたすら温めて回復につとめておりまする。#腱鞘炎 #テーピング #割り箸 #痛い

 

ついでだから過去にインスタへ投稿した、私の腱鞘炎テーピングを載せとく。固定するのに包帯とテープが足りなかったので割り箸をくっ付けた。なんかアホみたいですけど、動かさないよう固定するのに丁度よさげなのが割り箸しか見当たらなかったんです。でもこの割り箸、なかなかよかったよ。

 

ちなみに現在もカメラ熱は冷めず、相変わらずほぼ毎日、犬の散歩がてらカメラ構えて近所の町の風景をパシャパシャしております。オールドレンズにドハマりして、マニュアルフォーカスの操作に慣れるべく練習に励んでおります。もしかしたらまた近いうちに、いつもの左手がピキピキッってなっちゃうかも知れない。ま、気を付けながら趣味を満喫して平和に過ごしていきますわ。

 

 

夜中にアジアンムーチョ食べる

今、明け方の4時過ぎてるけどお菓子食べるよ。

 

湖池屋アジアンムーチョ・トクヤムクン味を開封するぜ。小腹減ったら仕方あるまい。ってか元々そんなの気にしないわ…子供がいないからできるんだけどね、こんな自由。ってまぁそれはさておき食べてみよ。

 

湖池屋ポテチは時々暴走するけど(桃とかみかん味とか)、わさビーフとすっぱムーチョは私にとって(あくまでも私にとって)の最高傑作ポテチだと思ってるんよ。はい。

 

実は辛いのってそんな得意ではないけど、インドやタイのエスニック料理が好き。特にすっぱ辛い風味は病みつきになる。このポテチ、今回ロハコさんで見かけたので日用品を買い物するついでに一緒に購入。

 

 

で、食べてみた感想だけど、美味しい。トムヤムクンの味です。案外いろんな食材に合うのねこの風味。しかしこれ凄く美味しかったんだけど、辛い(笑)インド料理店のカレーは甘めを、ココイチなら「中辛か1辛」をいつも選ぶ私の味覚には、かなり辛かった。だがしかし美味い。なんだか止まらなくなって額に汗しながら完食した。これはリピート決定。

 

で、最近コンビニでポテチ買うとレジの人が「お箸付けますか?」と訊ねるので、???と理解できんかったんだけど、スマホSNS世代の若い人たちは、ポテチをお箸で食べるんだと知りました。最初は「なんだよ潔癖アピールか??」なんて思ったけど、実際に手でポテチ食べたら爪の中に粉は入るし、ポテチの油分が付いた指で何か触ったらそこが汚れる。一つまみする度にティッシュで指を拭くよりもずっと効率的だし、お箸でつまむ方が食べやすいんよね。手も汚れないし食べながら手作業できる。なんだよ凄くええやないか。なんで私ら世代はこのやり方をしなかったんだろうか。もっと早くにお箸使ってれば、どれだけのティッシュを節約できただろうか。ほんまそれよ。だから私もこれからスナック菓子はお箸で食べることにしますわ。

 

 

うちの猫のこと

更新サボり過ぎてる。

ただでさえアクセス数少ないのに。

いんや、少ないどころじゃない

「ほぼほぼ、ない」

だろ。

 

まぁいい、そんなことよりも、うちの猫の画像を見せたい。誰でもいいから見てくれ。

 

コッペさんは先住のお琴さんより繊細な体質である。
 

そのくせ食いしん坊でつい食べ過ぎて下痢Pになる。そして吐く。そして頑固である。抱っこされるのは大の苦手で拘束を異様に嫌がる。幸いにも寝つきがよいので爪切りはすべて寝ている隙に実行する。ブラッシングは好きだけどシャンプーは自宅で素人が強行するのは絶対無理。プロに頼むか…と考えたこともあるけど、それはどうも私が心配でたまらない(他人は信用できないからコッペさんを任せられない、獣医さんも正直信頼はしてない)からダメ。結果、ドライシャンプーシート片手に追いかけまわしている。

 

 コッペさん、元保護猫。相模原市の保護猫シェルター「たんぽぽの里」出身。2015年に神奈川県綾瀬市で起きた多頭飼育崩壊によりレスキューされたうちの一匹である。

 

保護された当初は、皮膚病(真菌症)と歯肉炎がひどかったらしい。真菌のほうは保護後すぐに治療を受け全快したが、歯肉炎のほうは一度罹ってしまうと、炎症部位に生えている歯を抜いてしまわなければ根治しないそうだ。なので我が家の一員になった現在も歯肉炎ユーザーであり、その時の歯茎の状態によって投薬治療を受けるという形で対処しております。

 

今後の健康管理の為にも抜歯手術を考えているが、コッペさんの歯は歯茎の状態のわりにかなり頑丈に根付いており、大粒の硬いドライフードも難なくボリボリと平らげている。かかりつけ獣医さん曰く、食べるのに不自由していたり、痛みでつらそうにしている訳ではないなら今無理に抜歯手術しなくても良いのでは、とのこと。

しかし、口を開けばその歯茎は赤く、口臭もきつい。そしてあの小さな前歯は上下ともに抜け落ち見事になくなってしまった。

 

猫の前歯。他の歯に比べ異様な程に小さな前歯。存在する意味があるのか考えてしまう程に小さな、あの前歯よ。私はあれがとても可愛いと思っているので、コッペさんの前歯が消滅した事実はちょいと寂しい。

 

前歯がなくなった所為なのか、よく舌がチロリンコしている時がある。

 

コッペさんのように歯肉炎が慢性化している子は、何かの感染症がないか、検査を受けることをおすすめいたします。保護猫だと保護ボランティア内で既に検査済みだという場合が殆どですが、悲しいかな次から次へと行き場のない猫たちが保護される現状です。それまでは検査結果が陰性だったとしても、新たに収容された個体からや、感染した個体と接触した人を介していつの間にか感染してしまうケースもあり得ます。どこの保護団体も皆、いっぱいいっぱいの状況で運営しているので常に全頭、完璧に管理できるはずがない。なので保護猫を迎え入れトライアル開始する直前に、里親側負担でウィルス検査を申し込むことをおすすめします。

 

あ、コッペさんウィルス検査は陰性でした。しかし今年2月にトリコモナス原虫が出ちゃいましたー(涙)。なんとか駆虫できた(と思う…)のですが、あの時はもう大変でございましたよ。たしかその時、問題の歯肉炎が少し悪化したので飲み薬で対処していたのですが、新しいお薬が合わなかった?のかあまり効き目を感じずどうしよっか悩んでいた矢先に酷い下痢が始まったのでした。

 

トリコモナス原虫は、健康な成猫なら免疫力で抑え込めるので症状が出ないのですが、体力のない仔猫老猫、免疫力が落ちている成猫には激しい下痢と血便を引き起こし、駆虫も難しいという厄介な奴です。幸いジアルジアのように体外から出てもしぶとく何週間も生き続けて同居ペットに感染したり駆虫が済んでもまた戻って来るとかじゃないそうで。コッペさんの他にもう一匹猫と小型犬を飼っている私にとっては「ジアルジアじゃなくてよかった」です。駆虫困難なのはトリコモナスなんだそうだけども。

 

 2月にトリコモナスが出たのは、やっぱり歯肉炎がらみだとしか思えん。炎症止めの投与で腫れとヨダレはすぐに止んだものの、またいつかひどくなったら。駆虫したとばかり思っていた原虫が、実はまだ生き残っていて免疫が落ちた時にまた悪さをし始めたら。そう考えるとつらい。コッペさんがつらそうなのは見ている自分もつらい。

 

だからもう、かかりつけ獣医さんにコッペさんの抜歯手術を申し出たい。もしそれで手術を渋る様子なら、病院を変えるつもりだ。

 

 

隠したほうがいいのか、隠すからそう見えるのか(犬の下腹)

我が愛犬、ヨークシャーテリアのポテルカさん。

同犬種を飼っている人ならきっとお分かりだと思いますが、うちの子はぽっちゃり体型で…いや太り気味…いや、デブです。

 

その「デブ」のせいなのでしょうか。ポテさんが足を閉じて横たわると、お腹の下中央に一筋、縦シワが寄っちゃうんです。それがね、何と言いますか…あくまでも私の感覚なのですが、なんだかヒワイ?なものに見えるような気がしないでもないでもないでもないので、上画像のようにスタンプなどで隠しております。

これについて、今でも悩んでいるのです。もしかしたらポテさんの縦シワをヒワイだと思ってスタンプで隠す、私の感性がおかしいだけなのかも知れないと。

 

その縦シワですが、実際にはこんな状態です。

やっぱり普通ですかね?変な方向に想像力を飛ばす私がおかしいですかね。

 

べ、べつにやらしくなんかないじゃないか!・・・でもやっぱり隠す。

 

それにしてもポテさんのお腹、すごいな。お散歩中にすれ違った人に「お腹に赤ちゃんいるんですか?」と真面目に訊かれましたから。あと、同じく真面目に「仔犬ちゃんですよね?」とも。うん、通常のヨーキーはこんな腹していないもん。それもこれも、ポテさん溺愛でおやつあげ過ぎちゃう夫のせいだぞ。歩いてるシルエットなんてもう犬より子豚だぞ。かかりつけ病院でも「お腹パンパン(笑)」って言われてるのに。

 

そうだ、このお腹ポッコリのせいで、こんな変な縦シワが出ちゃうんだよ。

 

でもうっすらピンク色のむっちりボディはちょっとせくしー。良くないのは分かってるんだけど、この姿、かわいいよ。

 

いやいやいやいや、ダイエットはさせますよ。まだ健康に影響が出ていないから、こんな呑気なこと言ってられるんだよ。後で後悔しない為にもなんとかしてやらねば。この子はぬいぐるみやマスコットじゃないから。命だから。

 

今までさんざんポテを甘やかして太らせてきた夫も、徐々に分かってきてくれたのか最近は私の「おやつあげるな」を守ってくれるようになってきました。まだこっそりあげてる時あるけど…(;´∀`)あまり強く言うと逆切れするからな(笑)

 

ポテルカさんねぇ、夫が出張で一晩帰らない日等、保護者が私しかいない時は、あまりおやつのおねだりしないんですよ。しつこくねだるのは夫にだけ。もう完全に人を見ているよ、賢いよなぁ。だから夫に「あんたポテにナメられてるよ」と注意しても「俺はポテちゃんの言いなりやもんなぁ」とデレデレになっておった。こりゃ重症だ。治すのはこっちが先かも知れん。

 

可愛いから甘やかしたくなるのは分かる。

でもそれだけじゃダメなの。

ぬいぐるみじゃないから。

 

猛暑と自然災害、SNSと昔の自分

西日本豪雨の被害に遭われました皆さまへ、一日も早い地域の復興を願い、謹んでお見舞い申し上げます。

 

ついこないだまで「寒暖差ガー」言うとったのに、いきなりの梅雨明けでいきなり夏になりました。そして各地で度重なる地震、大阪北部の大地震台風7号去ったそのすぐ後で西日本に甚大な被害をもたらした豪雨よ。なんなの今。どうなってるのよ日本の夏は。

 

SNSが今の私のコミュニティツールであり、その中で仲良くしてもらっているユーザーさん所謂ネット友達ですが、ネット故に日本のあらゆる地方にいらっしゃいます。北国にも、九州にも、そして関西、四国、中部地方にも。ですから今回の豪雨被害に遭った地域にもペット繋がりで知り合えた人がいます。SNSのTLで安否を確認できましたので、今の時代はネットが普及していて、本当によかった。

 

たぶん、昔のようにネットがなくて自分の近くの人間としか交流しなかったら、遠くの地方の災害なんて所詮他人事のようだったでしょう。思い起こせば阪神淡路大震災の前、正確に言うと昨年末28日に起きた三陸はるか沖地震(青森県八戸が震源マグニチュード7.6)の余震で最大規模に値する地震(マグニチュード7.2)が1月7日に岩手県沖で発生した時のこと。当時大阪に住んでいた私は、まだ地震が起こるメカニズムについて無知であり、周囲の人たちも「大きな地震は火山帯が通っている地域で起こるもの」と信じ切っていました。活断層というものを知りませんでした。

 

だから、報道番組で青森の被害状況が放送されてもみんな「関西に住んでてよかったわ~」なんて呑気なことを言っておりました。そしたらその10日後に朝からドドーンです。1.17の震源兵庫県淡路島で大阪は震度4~5でした。しかし私が住んでいた西淀川区は地盤が緩いらしく、そこだけ震度5強。家具がグチャグチャに倒れて、本当に怖かった。震源に近い神戸の友達ともなかなか連絡が取れず、中には震災以後、音信不通となってしまった人もいます。あの頃はネットはおろか、携帯もなかった。あの頃にもしネットがあったら。LINEやTwitterがあったなら、連絡できたかな。私の方が仕事や家庭環境などで色々あってネガティヴになっていたので、友人との交流を自ら避けていたんだっけ。あんなことが起こって音信不通になってしまうなら、もっと会話すればよかったなぁ。なんて考えちゃうのです。

 

 

スイートブールに色々盛ってみた

どうも。

カロリーなんて気にしない、糖質脂質どうでもええわ~な菓子パン大好きおばさんです。ヤマザキのベストセラー菓子パン「スイートブール」ですが、シンプルな味ゆえに様々なアレンジを楽しめるのが魅力なんだけど、何故だろう私の周辺には

「スイートブール美味いわ~ワシこんな風に食べてんねんで」

なんて話してる人は皆無なのであります。寂しい。

 

料理どころか包丁すら持たなかった若い頃は、スイートブールを裏側から中身をほじくり出して、甘くない内側から食べ、最後に甘い外側を折り畳んで食べておりました。もちろん当時の彼氏の前では絶対に出来ませんでした。

 

結婚してからは、スライスして軽くトーストし、バターを塗って食べていました。それがある時、急に今までとは違う食べ方がしたくなったのです。

 

ハンバーガーみたいに間に何か挟んで食べたい。

しかし、一般的なハンバーガーと違ってデカい。消化器官が衰え始めた中年女が一人で食べきれるかどうか。ああ、こんな時子供がいたらシェアできるのに(夫は甘いもの苦手)。

え?友達??もう何年も前から近くにいないんだよ…。ちなみに今日だって、会話したの夫と犬猫だけやで。

 

だけどどうしてもやってみたかったから、やってみた。

 

下のパンに薄くあんずジャムを塗って、それからバニラアイスを塗った。ロッテの「爽」でおます。そして黄桃、フルーツゼリー、焼プリンにチョコピコラ2本ぶっ刺してシナモンシュガーを振りかけて、出来上がり。

 

 

 

で、出来上がったんは宜しいんやけども。果たしてこれ、私一人で食べきれるんかいな…って心配しておりましたが、いざ食べてみたらパクパクいけちゃって、無事に完食できちゃいましたわ。食べた後は下腹がポッコーーーンと出っ張って凄いことになってましたが(笑)体質的にお通じがとてもよい(一日3、4回)のですが、出すまでの間一時間程はお腹が苦しくて動けんかったです(;´Д`)

 

やっぱりね、歳が歳だけにこれを一人で一気に食べるのは、さすがに健康によろしくないかも知れませんな。あー、我が夫とは味の好みがちょいと合わない。よく結婚の条件として「食の好みが合う」のを重要視されている人がいますが、こういうことね。確かに、好きな物を一緒に美味しいね~言いながら食べると楽しいね。でもまぁそれは仕方ない。夫と私両方が好きな食べ物だってあるし。どちらも特に細かくこだわってる物もない。それに、笑いのツボも似てるし犬も猫もうさぎも好きってのも同じ。価値観を押し付けない、違う部分があって当たり前だと思うのも一緒。だからこれでいいのだ。

 

って、別にのろけているのではありません。

 

次からは半分のサイズで盛って食べればいいだけのことですがな(笑)

 

 

15年前?の自撮りみたいなやつ

そうだ、このブログの本来の主旨っていうかメインの内容は、PCの画像フォルダで長い間忘れ去られていた古い画像を掘り起こして懐かしむ事でございました。

 

では久し振りに古い日付のフォルダを開いてみた。するとまぁ懐かしいのが出てきました。

 

f:id:pokopenblue:20180518033158j:plain

f:id:pokopenblue:20180518033212j:plain

これはたぶん15年位前の私だ。当時はスマホなんて存在しておらんかったのでパカパカのガラケーだった。しかもまだインカメラがショボくて自撮りは困難な機種が多かった。この画像の私もそうでしたな、鏡に映った姿を撮ってる。そしてPCに取り込んでからフリーソフトで光を放射させたり強いボカシを入れて加工したんだっけ。

 

PCに取り込むのも、マイクロSDカードを使うか、写メール(懐かしい響きだw)で一枚ずつPCのアドレスに送るかの二択でしたなぁ。

 

しかしなんだろうか、この中途半端な自分撮りは。公に出たがりな自分と、全貌を晒すのはちょっと恥ずかしいという気持ちが相まって、こんな画像になったのか。そして少しでも細身に見せようとしたのか?前屈みなのがなんとも(笑)・・・撮影当時も既にオバハンな年頃だったけど、今の自分の図太く開き直った性格に比べると、まだまだ乙女な部分が残っておりましたなぁ。