読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

失念ぱーく

フォルダ・カメラロールに残っていた「これ何だったっけ」な画像から思い出を掘り返すブログ。

大人になってからの友達作りは難しい。

タイトルのこと、つくづく思う。

夫婦二人で新居に引っ越してから

私には、友達という間柄の

親しい人間が一人もいない。

 

生まれ育った関西に

少なけれども一応はいた

古い友人も、少しずつ疎遠。

私の人生を大きく狂わせた

フレネミーという奴は

個別に3人いたけど

やっと最後の一人と絶縁できた。たぶん。

 

私自身が人間的に欠陥があるので

類友の法則なのか、関わる人種も難アリが多かった。

なのでネガティヴな人間関係ネタは

実はけっこう豊富にあるんですわ。

 

しかしこういう話題は

ちょっと重たく、ネガティヴなので

複数持ってるブログの多くが

ペット中心だったり、商品紹介系なので

書きたいけど書けなかったわ。

だけどここだったら、こういう話題も

イケそうやねと思った。

せやから、ちょいと黒い話はここで書こう。

 

ここ1、2年前のことなんですけど

それまでネットを通じての友達は

ネットだけのお付き合いに終わっていましたが

ある時、SNSで知り合った人と意気投合して

そのうちに現実社会で会うようになって。

最初は楽しかったんです。

気が合うなぁと。

まさか中年になってから

リアル友人ができるなんて

思いもしなかったから。

 

しかし、実際に二人で会っているうちに

何故か不思議なモヤモヤ感を覚え始めて。

楽しい会話の端々に、どこか

イラッとくる何かがある。

親しくしている、楽しく

過ごしているはずなのに

なんだこの、ごくわずかな

さてはマウンティングか?

みたいなのは。

 

そして、少しずつ気になってきた

私に対する無礼。嫌味。

上から目線。

最初は気のせいかと思ってた。

私がもともとひねくれてるから

そう感じ取ってしまうだけなんやろ、って。

自分に言い聞かせることが多くなった。

 

しかし、ある事がきっかけで

それは気のせいではない、違和感は正しかったと

確信したのでした。

 

事あるごとに、小さな自慢を

会話に盛り込んでくる人なので

私も同じように、というか

この時、なんとなくワザと

私なりのプチ自慢を会話の中に入れてみました。

どういう反応がくるかな、と思って。

 

過去に出会ったフレネミーは全員

私の幸せ話を聞くと、表情が変わる。

こちらに悟られないように繕ってるつもりでも

イラついてるのが分かりました。

そんな人たちと、同じ反応でした。

しかも、数秒の沈黙のあと、

急に自分はこんなだ、私は私は私は…と

凄い早口で捲くし立て始めた。

まぁどれも私には全く興味ないことなので

何の話してたか覚えてませんが…

とりあえず、すべて自分の自慢話に

すり替えられました(笑)

 

それにびっくりした後から、

急に気になり始めたんですが

私がしゃべっている間に

スマホ画面見て、いわゆる

ネット仲間とLINEやってること。

 

…いや、これはもっと早く

気付いて怒れよ自分。

自分だったら、絶対にこんな

失礼な事しないわ。

 

どんな親しい間柄の人間でも

その人と二人で会話中に

他の誰かとLINEなんて

私は絶対にしない。

 

あー、今頃になってイラついてる(笑)

 

単なる知人、近所付き合いとかだったら

イラッとしながらもスルーしますけど

友達として会うんだったら

無駄としか言いようがないわ。

 

その人の自慢のネタも、正直言って

本気で頷けるものじゃなかったし。

 

つーことで、ここで本音をぶちまける。

 

 

 

 

 

 

 

やたら自分を若く見られて困るとか

ロリ系だからオトナっぽい人羨ましい言うけど

お前、私と年齢変わらん言うてるけど

ほんまは実年齢50過ぎてるやろ。

顔と体型がどう見ても50代。

顔は私の伯母が還暦過ぎてた頃より老けてる。

そんなんで安物の中途半端なゴスロリ服着てて、

バケモンやぞ。

お前の顔、シワッシワやぞ。

 

通りすがりの男が二度見してるんは、

お前が可愛いからとちゃうぞ。

子供のファッションに、ツインテール

ババアの顔が違和感極まりないからやぞ。

 

私のことをお姉ちゃんみたいとか

ママとか言うなよ。

私、お前みたいなシワッシワの娘なんぞ

産んだ覚えはない。

 

お前、私の他に仲良くなった

ネット友達の旦那さんのアカウント探って

友達に黙って直接コンタクトとろうと

するのはやめておけ。

 

それを随時、私に報告していたけど

そんなん私が羨ましいって思うとでも?

だってお前のプロフ画像、

完全に別人加工やんけ。

現実とバーチャルの区別、ついてるか?

とりあえず鏡を見ろ。

それでも気付かないなら、

誰かに屋外で写真撮ってもらえ。

 

あと、ちゃんと飯食え。

何が

「アタシの主食はアイスなのだ」

やねん。

そんな食生活やから

シワッシワやねん。

 

自称「ロリ脚」だそうで。

いや、「老婆脚」ですけど。

 

柔軟剤の使用料間違ってるぞ。

お前の服から強烈な甘い刺激臭。

 

・・・・ああ私も結構ひどいな。

こんな悪口三昧書き連ねるなんて。

 

私もあの人も、同じ

「子供のいない専業主婦」。

お互い、子育てしている同年代より

責任もって会社勤めしている同年代より

精神年齢が低いのは確実。

自分の老いに気付きにくい。

何時まで経っても新婚時代の

若く可愛いつもりのイタイおばさんに

なりそうで、それが怖い。

 

私も、自覚がないだけで

第三者から見ればじゅうぶんに

イタイおばさんなのかも知れないなぁ。

 

ということで、この話は次回に。

 

 

 

 

 

 

今日も猫どもは元気で仲悪い

お題「我が家のペット」

 

 


コッペさんが接近してきたので不快感丸出しのお琴

 

今朝も早速、先住のお琴(キジ白♀)が

新入りのコッペさん(薄茶トラ♂)に

凄みを利かせておりました。

動画は過去に撮影したものですが、

二匹が接近すると、いつもこんな感じです。

 

ほんの少しですが、お琴が

シャーシャーするのが減ったかな。

しかしまだ一度も、取っ組み合いの

大喧嘩に発展したことはありません。

 

コッペさんを保護猫シェルターから

お迎えして、5か月余り。

もう5ヶ月、まだ5ヶ月。

 

距離感。

 

最近は、同じ空間にいても

ある程度離れていたら

平和に過ごせるようになりました。

 

 

猫が増えた

またこのブログを長期間放置してもうた。

放置している間に、猫が一匹増えました。

 

画像向かって左側のキジ白が

先住猫、お琴さん(♀3歳)。

 

そして、去年10月に

保護猫シェルターで出会い、

うちの子になった子が

右側。

 

名前は「コッペさん」。

推定年齢は、シェルターの猫名簿に

3~5歳と記載されてあったので

たぶん今だと一つ歳とって

4~6歳ってことか。

人間だと

「程々におっさん」

って年頃でしょうね。

 

ちなみに今も先住・お琴とは

仲良しではありません。

お琴がまだ許してない。

 

同じ空間にいるのはOK、

でも近寄るな、っていう距離感です(笑)

 

とりあえず報告してみました。

 

広告を非表示にする

この魚はなんだったっけ

 

これ、何だったっけ。

鎌倉へ行った時の画像フォルダに入ってたから

きっと鎌倉で撮ったんだろうけど。

いや、どうだろ。

 

たしか、さかなクンさん監修の

吉本興業が運営している水族館みたいな

なんか微妙な施設やったような。

 

うーーーん、そんなもん鎌倉にあったか??

いや、ないない。

もう考えても分からんから

検索かけてしまえ。

 

 

てな訳で分かりました。

これは、横浜中華街の

「よしもとおもしろ水族館」

で展示されていた水槽の魚たちでした。

ところでこの水槽のレイアウトは

昭和の芸人さんの楽屋をイメージしたのかな。

中のお魚さんたちは皆、楽屋内の用品を

使うこともなく、ただ黙々と

泳ぎ続けておりましたなぁ。

 

 

で、この水族館ですが、現在は

「ヨコハマおもしろ水族館」に

名を改めて、現在も運営中ですと。

そっか。私は入場してすぐに

「あー、これはすぐに閉館するかも」

と思っていたけど、その予想は

見事に外れましたね。

うん、よかったやん。

 

当時なぜか、入場者全員に

オロナミンC一本を無料配布してましたわ。

私、あの頃はオロナミンCが飲めなかったので

非常に残念でしたが・・・

今やったら飲めるで~。

 

ああ、これでまた

忘れかけていた思い出が戻ってきました。

 

 

なんでリモコン持ち出してるのか

f:id:pokopenblue:20160927153133j:image

またやってしもうた。

近所のスーパーへ買い出しに行くのに

何故か、AppleTVのリモコンを

無意識にバッグに入れて

持ち出してしまうの、これで三度目。

 

 

放置し過ぎやろ

うわー、長いこと

更新せんかった。

最後の更新が8月かー。

あかんわー。

 

また仕切り直さんと。

完全に自己満足の

このブログ、特に

誰の為にやってる訳でもないが

なんとなく続けたいのだ。

 

特に変わった出来事もないけど

何もないなりに

何もないことで見つかる

何らかを、ここに

文章として書き残す。

広告を非表示にする