失念ぱーく

だんだん猫ブログになりつつある

うさぎ飼育経験談「黒毛玉、分身事件」

f:id:pokopenblue:20200620025853j:plain

ケージ内で寝んねする赤ちゃん黒毛玉

仔うさぎ黒毛玉との暮らしも
一か月過ぎた頃から徐々に慣れてきた。
いつの間にか、お迎えした頃の
2倍に体重が増えて、体つきもしっかりしてきたので
恐々と薄氷に触れるような扱い方をすることもなくなった。

そんなある日。
おっぽこはケージの中で眠っていた。
うさぎは動いていないとまるで
死んでいるかのようなので
ついつい不安になって、
体のどこかが動いていないかどうか
近寄って確認してしまう。
そして、せっかく寝ているところを
起こしてしまって、うさ様に
「ムッ」とされてしまうのだ。

わかるんですよ、特に大きな
リアクションもなければ
表情もあまりないのに。
なんか分かるようになるんです。
不思議です。

とりあえず、ムッとされたけど
無事に生きているのは分かった。
安心したところで、私はまた
おっぽこのケージ前から離れて
家事をしていた。

家事がひと段落付いたので
また何気におっぽこのケージを見に行く。

すると・・・

 

f:id:pokopenblue:20200620030017j:plain

あれ?黒毛玉がいっぴき増えてる??

えっ!?

お、おっぽこが二羽???

増えてる!

こやつ、まさか
細胞分裂しやがったのか??

ということは、この後も増えて
2+2=4、
4+4=8、
8+8=16、
16+16=32、
32+32=64、
64+64=128、
128+128=256・・・

おっぽこが256!!!

いや、それは困る。
大多数の黒毛玉に埋もれるのも
まんざらではないと思うけど
困る!無理無理無理!飼えない!!!

と、一瞬ビビったんだけど
よく見たら、さっき
おっぽこが寝ていた所の牧草が
除けられて、ケージ底面の
黒い色が見えていただけでした。

で、本物のおっぽこはどれだ??

はい、正解は手前の黒いやつです。


以上、黒毛玉おっぽこならではの
ちょっとした事件でした。

 

 

おこたのお琴

 

f:id:pokopenblue:20200602055744j:plain

炬燵の中にはお琴ニャー

まだ炬燵布団を片付けていません。まだ夜寒いし。さすがに電源は入れてませんけど、炬燵布団はまだまだ我が家の癒し。

 

f:id:pokopenblue:20200602060358j:plain

炬燵サイコーなのだ

それに、まだ猫が使ってるからね。炬燵の外の布団にはコッペさんと犬のポテ、そして内部の薄暗がりに寝そべっているのは、やんちゃなキジ白娘のお琴ニャー。

 

f:id:pokopenblue:20200602060808j:plain

ずっと動かずに、起きてこちらを見ているが何だよお前(笑)

もう6月になりましたが、冷え性なので夜間は炬燵に足を突っ込みたいのです。しかしその時、中にいるお琴ニャーに足を攻撃されます。一応、手加減はしてくださっているみたいですが、まだ痛いです。ええ、かなり痛いですからね。こないだなんて出血していたし。

 

ってか何で勝手に占領してんだよ(笑)

 

f:id:pokopenblue:20200602061456j:plain

ちょっと憎たらしいけど可愛い表情だ

この画像を撮っている瞬間も、パンチする気満々だもんな。目ん玉真っ黒だもん、完全に狙ってやがる。。。

 

f:id:pokopenblue:20200602061746j:plain

ひげぶくろ(ウィスカーパッド)が可愛いぞ

やんちゃさ溢れるひげぶくろ。猫の口元のぷくぷくした部分って、ひげぶくろって呼ぶんだってね。英語だと「ウィスカーパッド」だってさ。意外にあまり知られていない、猫の口元の名称。犬の口元の場合、よく鼻までの長さのところを「マズル」と呼んでいるけど、それと同様に猫の口元をマズル呼びしている人がいますね。それは間違いなのですよ。猫様の口元は「ひげぶくろ」なのですよ。

とか言っても別に誰が間違えていたとしても、猫さまにとっては全くどうでもよろしい話ですがね。

 

 

うさぎ飼育経験談「うさぎらしくなってきたのと、烏龍さまのこと」

f:id:pokopenblue:20200531042149j:plain

日毎に成長する仔うさぎ
突然の、仔うさぎとの共同生活も
一か月ほど経過して、少しずつ慣れてきた。
 
そして仔うさぎ黒毛玉は
日ごとにうさぎらしくなってきた。
 
 
後ろ足を伸ばしてベチャ寝してる。
うさぎは目を開けたまま眠るので
寝ているかどうかの判別は
鼻の動きをチェックする。
 
うさぎといえば、あの
鼻がヒクヒクしている様子が
トレードマークですが
眠っていると、その
お鼻ヒクヒクが止まります。
 
なので、鼻が動いてなかったら
寝ているってこと。
 

f:id:pokopenblue:20200531042812j:plain

お手手の先っぽがグレーのもふもふ、可愛い。

 

あ、起きちゃった。
いや、起こしちゃったかな。

f:id:pokopenblue:20200531042919j:plain

眠りから覚めた。しかし寝ている時とあまり変わらない件

 

起こしちゃってこめんよー。
それにしても、白黒の床と同化しとるがな(笑)
おっぽこの部屋んぽタイムは夜遅くから。
先輩の烏龍さまが寝静まった頃に始まるのだ。

f:id:pokopenblue:20200531043043j:plain

熟睡するおじいちゃんw
烏龍さまはぐっすり寝んね。
もうお年寄りなので、寝ていることが多くなった。

f:id:pokopenblue:20200531043132j:plain

おじいちゃんになっても愛くるしい寝顔
烏龍さま。
相方のゴルゴメロン姐さんに先立たれ、
暫く、その寂しさで体調を崩し
それから一気に老いたように感じました。
そしてこの画像を撮ってからおよそ
一年ほど経って、烏龍さまは病気になり
天国へ、ゴルゴ姐さんのもとへ旅立ちました。
一方、まだまだ若いおっぽこ一番は
烏龍さまが衰弱していく様子を
不思議そうに見ていました。
初対面の時、いきなり怒られて
あんなに怖かった烏龍さまが
少しずつ小さく、弱々しくなっていくのを
あの頃のおっぽこは、理解できなかったでしょう。
だけど、亡骸になった烏龍さまを見たとき
何かを感じ取ったように見えました。
小さな動物にだって、
誰かの死に何かを感じ取ることが出来ます。

f:id:pokopenblue:20200531043231j:plain

毛繕いしているだけなのですが、謝罪しているようにも見える件
おっぽこ。
今、お前は月にいるね。
お前が旅立ったその日、
亡骸になったお前の体を
犬のポテが、やさしく舐めてくれたよ。
そして、烏龍さまの亡骸を見た時の
お前と同じ顔してたよ。
 

こたつ、まだ出しています【猫の日記】

f:id:pokopenblue:20200529054201j:plain

こたつ周辺の陣取り争い

もうすぐ5月も終わろうというのに、我が家のリビングではまだ炬燵が活躍しております。

そして、こたつに潜るより、こたつ布団の上でゴロゴロするほうが、うちの毛玉たちはお好みなご様子。おっと、画像をよく見ると猫の爪の剥がれたのが落ちてる。猫の爪って伸びてくると、脱皮みたいに上の層が剥がれ落ちるんですね。撮影していた時には気付かなかった。

 

どうやら各自、お気に入りのポジションってのがあるらしく、犬のポテさんと猫のコッペさん、そのポジションが被っていて先着順になっているらしい。

先を越されて残念そうなポテさん。しかし私も、こんなど真ん中で丸くなられては、こたつに足を突っ込みづらい。コッペさんを股に挟むようにして座らなければならない。これではどうも落ち着かない。だからもっと端っこへ寄ってほしいのに、必ずど真ん中で丸くなってやがる。

なんでこんなに、地味でジワジワくる嫌がらせが巧いのか。猫ってそうだよな。悪気がないってのが凄い。そして可愛いから許すしかない。

 

 

f:id:pokopenblue:20200529055020j:plain

今回の勝者をドアップで

なんとなくプチ腹立ったので、どアップで撮ってやった。こんなことしても彼にはノーダメージなのである。そしてやっぱり可愛い。ぶさいくだけど可愛い。

 

f:id:pokopenblue:20200529055723j:plain

コッペさんが退席するのを待つポテさん

そして、その横でコッペさんが起きてその場を離れるのを、黙ってジッと待つポテさん。犬はある程度、飼い主のコントロールが利くのでどうしても猫さまに譲る側に回りがち。だから気付いたら褒めてあげるのだ。えらいね、かわいいねってめいっぱい褒めてあげると全身で嬉しい!と喜んでくれるのだ。

f:id:pokopenblue:20200529061007j:plain

もう一匹の猫、お琴さんはここにいました

うちのもう一匹の猫さま、お琴ニャーは別の場所にいました。私の個室のスチールラック上に置いてある猫ベッド(マカロンベッドと呼んでいる)で、我関せずといった感じ。お琴ニャーはコッペさんのことが嫌いなので、なるべく彼と接近しないようにしております。ところでこの画像だけ画質がきれいなのは、ミラーレス一眼で撮ったからなの。

 

f:id:pokopenblue:20200529060759j:plain

いつの間にかコッペさんに入れ替わってる。なんだよお前(笑)

しばらく経ってから、お琴ニャーさまの相手をしようとマカロンを見に行ったら、いつの間にかコッペさんに入れ替わっていた。このぼんやりとした薄茶色は、コッペさんの足だ。お琴ニャーと比べて、ちょっと短い(笑)。

 

コッペさん、何やってんのよ。お前はまだお琴ニャーに好かれようとしているのか。もう3年経ったけど進展ないんだから、いいかげん諦めてくれ。。。

 

 

うさぎ飼育経験談「まだまだ挟まる黒毛玉」

f:id:pokopenblue:20200528064849j:plain

真上から見てみた

なんや、うちの仔うさぎ。挟まってばっかりやないけ。

とかいちいち気にせず、前回の続き的に
「座布団クッションに挟まってくつろぐ仔うさぎおっぽこ」
を、別の角度から撮った画像を貼り付けてみる。

f:id:pokopenblue:20200528065019j:plain

なんかピントの合わんワヤな画像ばっかりですみません
(過去の記事文)真横から。
あれ、いつもは真横から撮ると
まんまるキラキラおめめが
よく見えるはずなのに
これはまったく見えないよ。
もしかして、眼を閉じてた?
(現在)いや違う。またピントが合ってへんねん(笑)
(過去の記事文)それとも私の技術的問題か。
ま、その可能性が濃厚。
(現在)そうや、それや。

f:id:pokopenblue:20200528065306j:plain

おててかわいい、でも悪い顔しとるw
そして斜め前。
どうやら半眼になっておったらしい。
この時の目つきって、けっこう悪そうな顔してる(笑)
それにしても無造作に前に出された
お手手が可愛いよ。

f:id:pokopenblue:20200528065613j:plain

起きたらまんまるい

 

そしてしばらく経つと、
目が冴えて元気に部屋んぽモード。
小さくてまぁるい
黒いフワフワが
部屋中を跳ね回るよ。
そして、無邪気さをそのままに
あっという間に大きくなっていった。
何もかもが、あっという間に感じます。
おっぽこ、お前はなぜ
今は月にいるの?
年月の流れって、こんなに速いものだった?
私はお前の最期を看取ることもできず
置いてけぼりの気分ですよ。
そしてずっとお前のことを想い
お前のことを愛しています。
こんなにつらいお別れだったのに
お前との思い出は幸せばかり。
思い出すとそれだけで心が潤う。
お前と出会って、
一緒に暮らして
結論、私は幸せだった。
そして今も。

うさぎ飼育経験談「可愛く撮れたら嬉しい・そしてまた挟まる」

f:id:pokopenblue:20200527032753j:plain

可愛く撮れた。当時のナンバーワン可愛いフォトでした。

 

仔うさぎ時代のおっぽこは、
身体の二回りぶんが「毛」だと
言ってもいいくらいにモフモフでした。
なので、写真を撮っても黒い毛に
黒い目と他パーツが埋もれて写り
飼い主的にはそれも愛嬌で可愛いんだけど
客観的にはどうよ(笑)な感じ。
でも少し角度を工夫したら
大きなキラキラくりくりおめめも
鼻ペチャなY字もおちょぼ口
かわいらしく写ります。
そんな写真が撮れた時の喜びといったら。
でもやんちゃ放題の仔うさぎでしたから
いいアングルでじっとしててくれなかった。
だから、仔うさぎ時代のおっぽこが
妖怪黒毛玉にならずに可愛く写っている写真は
とってもレアなのです。

f:id:pokopenblue:20200527032907j:plain

おやつをもらった瞬間。渾身の一枚。かわいいよマジかわいいよ

 

ああ、かわいい。
親ばかですみません(笑)
だけどおめめ埋もれた妖怪のおっぽこだって
同じくらいに大好きよ。
おっぽこ、月うさぎになった君へ。
お前は私の思い出の中。
永遠に変わることなく、
ずっと、ずっと可愛い。

f:id:pokopenblue:20200527033202j:plain

可愛い可愛いと愛でてたらまた挟まって不思議な生き物になる
仔うさぎ黒毛玉、おっぽこ。
またいつもの座布団クッションの間に挟まる。
 
この耳のおかげでうさぎだって判別できる。
 

f:id:pokopenblue:20200527033317j:plain

真っ黒だけど、お鼻のY字がよく分かる。
しかし、黒い。
顔中央のY字が好き。
 
 

f:id:pokopenblue:20200527033432j:plain

またピントが合わない。そんなダメ写真でも載せる
微妙にアングルを変えてみる。
ピントが合ってないけど許してください(笑)
全開の挟まり写真の時から
それほど日数が経っていないのに
耳の長さとか、顔だちが成長している。
 
専門店の人曰く、仔うさぎの成長は
凄く早くてあっという間に大きくなると。
たしかにそうだった。ついさっきまで
手のひらに乗る綿毛のようだったのに。
 

f:id:pokopenblue:20200527033628j:plain

急にこちらの様子を気にし始める仔うさぎ。撮られてるって分かったか

 

ピント合わないにも程があるわ(笑)

だって、突然動くんだもの。。。

 

カメラが悪いんじゃない。

そして動いたおっぽこが悪い訳でもない。

私の腕が悪いだけなのだ。

 

f:id:pokopenblue:20200527033853j:plain

どうや、この可愛いショットで名誉挽回や。可愛い可愛い
 
そして毛繕い中のお姿。
ちっちゃい仔うさぎだけど
上手に毛繕いできます。
って当たり前か。
 
ああ、ほんとちっちゃくてかわいい。
しつこいくらいに言ってるけど、可愛いもんは可愛い。
 
普通に可愛いうさぎも好き。
ちょっとヘンテコでぶさいくなうさぎも
大好き。
 
 

うさぎ飼育経験談「挟まる黒毛玉」

他ブログから手動引っ越し中の「うさぎ飼育経験談」だけども、ちっとも「これからうさぎを飼う人」に役立つことが書かれていません。

ただひたすら「うちのうさぎ、こんなに可愛かったんですよ~、月へお帰りになられてもう早5年経とうとしていますが、未だに未練タラタラちゃんですぅ」っていう感情の垂れ流しと自己満足の世界です。

 

f:id:pokopenblue:20200524061659j:plain

座布団クッションの間に挟まっておりました
あ、挟まってる。
黒毛玉おっぽこ一番が
座布団クッションに挟まっている。
こうされるともう全くうさぎには見えない(笑)

f:id:pokopenblue:20200524061757j:plain

挟まる仔うさぎを上から見る

 

上から見るとこんな感じ。
お耳のおかげで、うさぎだと判別できます。
今この画像を見ると、
まだ仔うさぎだった頃の
フワフワ赤ちゃん毛の質感や
体の小ささが伝わってくる。
なんて愛らしい姿をした生き物なのか、うさぎは。
神様が、このか弱い生き物を
世の中で最も可愛い姿にしたのは
なんとなくわかるような気がする。
可愛いことは、生きていくうえで武器になる。
世の中で最も可愛い生き物と断定したのは、
「世間一般にかわいいと言い割れる生き物は」
というお題目で、多くの人がまずはじめに
名前を挙げるのが「うさぎ」だからです。
特に好きでもないのに、うさぎと答える人もいる。
だから可愛い生き物の代表格が、うさぎ。
・・・まぁ私の完全なる主観ですけど。

f:id:pokopenblue:20200524061929j:plain

お耳を両方、出してくれたよ
耳が出ているおかげで
かろうじてうさぎに見えます。

f:id:pokopenblue:20200524062100j:plain

挟まり続ける仔うさぎ
どうして自ら、狭い所に挟まるのか。
この姿を初めて見た時は不思議に思いましたが
あるうさぎ専門店のHP画像の中に、
お迎え当初のおっぽこと同じくらいの
小さな仔うさぎたちが、たぶん兄弟だろうけど
複数で一か所に、寄り固まって
ぎゅうぎゅうにくっついて眠っている様子を
写したものがありました。
そうだよね。
本当なら、ママうさぎや
たくさんの兄弟たちと一緒に
くっついて寝んねしている頃なんだものね。

f:id:pokopenblue:20200524062156j:plain

見れば見る程にもふもふだ。

f:id:pokopenblue:20200524062229j:plain

ピントが合ってないからか、ちょっと「蛾」っぽいw

ぬくもりを求めての行動だったのか。
こんなちっちゃい子を、寂しがらせてはいけないね。
「うさぎは寂しいと死んじゃう」
は、たしかに嘘だけど
うさぎは他の愛玩動物よりも
独立心が強い動物だけど
子供はみんな、ママや家族が好きなのは
みんな同じだよね。

f:id:pokopenblue:20200524062331j:plain

いつの間に?出てた。ただそれだけのことだけど楽しいw
あ、いつの間にか出てる(笑)
足の裏、かわいい。
そうだ、うさぎは何してもかわいい。
どこもかしこも可愛い。